10
1
2
4
5
7
8
10
11
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

お買い物 13

 カズキ自身、改善したくても良い案が思いつかず…お兄ちゃん達としてもフォローしてやりたいが、やはり思いつかず…で結果、微妙な空気だけが辺りを漂う。
 「お父さんの話題になったんで、丁度良いからルーヴにちょっと教えておく事がある。」
 イツキが大人の無情さで、あっさりとその場の微妙な空気を無視して言葉を続ける。ルーヴが注意を向けると
 「コレはもう決定だから、ルーヴがどう思おうと考えようと、変えられないから、そこは頭に入れておきなさいね?」
 ルーヴに伝わり易いように、一言一言区切って話す。
 「ルーヴのお父さんの生活に対して、アチラコチラから苦情が出ていて、担当の人も、これ以上時間を掛ける訳にいかないと判断して、強い対応を取ると言って来た。」
 イツキの口にした『強い対応』に、お兄ちゃん達がざわつく。
 (強い対応って何だ?)
 (罰則規定でもあったのか?)
 (そりゃ…俺達は関係無いけどさ…)
 そんな様子を一顧だにせずイツキが続ける。
 「頑張っている人達と、頑張らないルーヴのお父さん。同じにしていたら、ルーヴのお父さんだけズルイって話しになるよね?そこは分かるだろ?
 「だから、頑張らないのはダメだ、とルーヴのお父さんが嫌でも理解する様に、ちょっとキツイ思いをして貰うことになった。
 「具体的には、公用語会話の学習を規定時間受けないなら食事量を減らす。自国語会話の学習を規定時間受けないなら、やはり食事量を減らす。家長であるならば、扶養義務の理解及び履行の徹底、これは…まぁ、言っている事を実際にやって見せろって事で。やれないなら技能習得カリキュラムへの強制参加と課題達成の指示に従え。と、で、やれないだろうから指示に従うことになる。実際、特にやってなかったしね、家族の扶養。後は…公用語での読み書き・計算と自国語での読み書き・計算の最低レベルの習得。これは読める・計算できるが最低条件なので、出来ない場合はひたすら復習。出来ても一段高いレベルの習得が求められるので…結構な期間『お勉強』漬けになるね。
 「で、今迄は自主性を重んじられていたけれども…これからは、担当が付いてキッチリ見張られるので、一切のサボりが不可能になる。それと、食事量を減らすってのは…一回の食事の量が減らされるって事で、昼抜きとかでは無いから安心して。で、最低必要量はキチンと提供されるから、栄養失調なども心配しないでね。医師の診断も月に一回受けるしね。ひと月持てば…とも思うけど。」


スポンサーサイト

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧