FC2ブログ
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

お勉強ターーーイム

新元号「令和」

Wikipediaの典拠よりコピペ


「令和」の出典万葉集』巻五[18]の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」にある一文[19]。以下に、原文、書き下し文、現代日本語訳の一例、および、題詞を表す。



原文

 約物は後世に調整された形。太字は新元号に採用された字。


于時、初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。



書き下し文

 ここでの読みは文語とする。


時に、初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。



現代日本語訳の一例》

 太字は新元号に直接関わる語。


時は初春(しょしゅん)令月すなわち、何事をするにも良き、めでたい月)[20]、空気は美しく(『初春』の『令月』を受けての解釈では、瑞祥(ずいしょう)気配に満ち)、風は和やかで、の前の美人白粉(おしろい)で装うように花咲き、は身を飾る衣(ころも)に纏(まと)(こう)のように薫(かお)らせる。




うん 全く分からん
読解力と想像力の両方を同時に求められている様な?

ただ、何を行なっても成功しそうな気になれるな とは思ったw

清々しさと心地良さと、軽やかで清楚な華やかさ を感じれば良いのかな?
解釈とイメージは合っているのだろうか?
日本人なのに日本語に苦労するなんて…


スポンサーサイト

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧