06
1
3
4
6
7
9
10
12
13
15
16
18
19
21
22
24
25
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

よろしくネ 1

 オミの大技(?)にド肝を抜かれたりしながらも、向日葵畑予定地の手入れを済ませた数日後。
 ルーヴもここでの生活に幾分か慣れた様子で、イツキの家事の手伝いをしたり、タイガーと遊んだり、畑へオミと収穫に行ったり、苗として育ててから植えた方が良いと勧められた『向日葵苗』を育てたり、予定地に畝を整えたり、イツキが出かけるからとオミと一緒に留守番をして、(主にキッチンを)しっちゃかめっちゃかにし、帰ったイツキに大きな溜め息を吐かれたり…と、先ず先ず平和に過ごしている。
 予め立てた『生活予定』など、本人はもとより大人二人さえ綺麗さっぱり忘却の彼方ではあるが、早起きはしているし手伝いもしているし元気に遊んでもいるので、何か忘れている気もしないでもないが…キニシナイキニシナイ。
 と、暢気に過ごしていたが…ルーヴが時折遠くを見つめて小さくため息を吐くようになる。尤も、直ぐに気を取り直したように、それまで続けていたことを再開するのだが…。そんなルーヴの様子を気にかけていた或る日の夕方、リビングでタイガーと遊んでいたルーヴが、風に揺れる木の影につられるように外へ目を向け小さく溜め息を吐き、直ぐに気を取り直したようにタイガーとの遊びを再開する。その様子を目にしたイツキとオミは、以前よりずっとルーヴのホームシックを気にかけていたので、直ちに確認を取るべく声を掛ける。
 「ルーヴ?もしかして…なんか寂しい気持ちになってる?」
 オミが問いかけるが、ルーヴは気を使っているのか首を横に振り否定する。
 「んー…良いんだよ?別に。お父さんやお母さんと…。」
 離れているんだから…と続けようとしたが、『お父さん』と言う単語が耳に入った辺りでルーヴの表情が一瞬変わったのをイツキが目ざとく気付き
 「お父さんが気になる?どうしているか知りたいかい?」
 生育環境から母親をこそ気に掛けると思っていたイツキだが、予想が外れた事をおくびにも出さず穏やかに尋ねる。
 「…オ父さン、手紙コない。元気かナって…。」
 ルーヴは気付かれては隠しておけないと諦めて、だが言ってしまって良いものか、自分に対してこれ程までに良くしてくれているのに失礼ではないかと悩みながらもポソポソと答える。
 「元気は…元気らしい。報告を受けた限りでは、ね。」
 イツキの歯切れの悪い答えに、ルーヴが怪訝な表情をすると
 「ひたすらボイコットしているらしくて…ね。なぁ~~~~んにも遣ろうとしないんだって。食って寝て、起きて、又食って…ゴロゴロして過ごして、食って寝る。を、ひたすら繰り返しているんだって。」
 オミの返事にルーヴが目を丸くしていると
 「だけど、まぁ…具合を悪くしているワケじゃぁ無いって。だからまぁ、元気は元気。」
 呆れた様子を見せながらも、務めて明るくイツキが後を続ける。

スポンサーサイト

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧