08
2
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

よろしくネ 19

 イツキに強くお願いされた翌日。オミの天気予報どおり、カズキ達の町では雨が降っている。
 イツキに連れられ、いつもの様に人目に付きにくい場所にテレポで移動してきたルーヴは、未だ『雨降り』を珍しく感じるらしく、空から降る細い銀糸のような水に目を輝かせている。
 傘の中から右を見左を見、振り仰いで空を見…と、キョロキョロするルーヴの姿に
 「完全防備で正解」
 と内心で呟く。その呟きどおりにルーヴは、レインコートを着、幅広の鍔の付いたキャップタイプの帽子を被りその上にレインコートの帽子を被り、長靴を履き傘を差している。確かに完全防備。…ではあるが、悲しいかな顔や手は少々濡れている。
 傘の差し方や水溜りへの注意をあらかじめイツキから受けているとはいえ、気を抜くとすぐに傘から手を差出してみたり、傘ごと振り仰いで空を見ていれば、そりゃぁ濡れるでしょうとも…。濡れてから思い出して、手を引っ込めたり正面に向き直ったりを繰り返すルーヴを、イツキは怒りもせず、逆に愉しげに微笑を浮かべながら眺めている。

 待ち合わせの図書館に着くと、既にカズキを始め『お姉ちゃん達とお兄ちゃん達』が揃っている。
 図書館の入り口脇に待機していたカズキは、レインコートを着て傘も差していたと見て取れるルーヴが何故(?)か濡れているのを不思議に思い
 「風、強くなってる?カズキ達来た時は、そんなでも無かったけど…。」
 と声を掛ける。ルーヴの後に続いて、入り口から中へと入ったイツキが苦笑しながら
 「雨が…まだ珍しいらしくて、ね。」
 と、ルーヴの濡れた顔や手を、内緒で持って来ていたタオルで拭いてやる。イツキにとっては、ルーヴが濡れるのは予想の範疇だったようだ。
 カズキはイツキの返事を聞いて
 「はぁ…ルーヴの故郷は水が少なかったって聞いてたけど、雨が珍しく感じられる程なのか…。って、総本部にも居たんだよね?総本部の方も、雨ってあんまり降らないの?」
 記憶を刺激されたらしく、素早く問いかける。
 「んー…時期による?こっちの梅雨時みたいに降る時もあるよ。ルーヴはその時期を外しちゃってたから。ま、数回?は経験してるだろうし、ウチの方でも一応雨降りの経験はあるんだけどね。」
 答えながらイツキの脳裏ではイヤな予感が駆け巡る。
 (あれ?俺もしかして失敗した?お兄ちゃん達が揃ってるんだよなぁ…?)
 在りし日の質問攻めが、嫌でも思い起こされる。

 イツキの危惧したとおり、未だ建物の入り口から中へ2・3歩入っただけだというのに、カズキの声を聞き拾って出迎えに顔を出したお兄ちゃん達やお姉ちゃん達から、細々と質問が繰り出される。とは言え、主に『ルーヴに向けて』であるが。
 お兄ちゃん達にしたところで、コチラへの訪問理由をカズキから聞いて分かっているので、主な目的である『言葉数を増やす』と言った点に協力すべく、簡単な単語を使用しての話しかけ・問い掛け・確認を繰り返す。
 誰かがルーヴに問いかける ⇒ ルーヴがたどたどしくも知っている単語で答える ⇒ 別の誰かが表現を少し変えて確認を取る ⇒ ルーヴが困った表情をする ⇒ 表現を変えた部分の説明を別の誰かが行う ⇒ ルーヴが理解し、肯定又は否定する を幾度か繰り返す事で、ルーヴが『別の表現として知った単語量』を増やしていく方法を取っている。ついでに何度も会話を繰り返す事で、お兄ちゃん達の顔や声、話し方等の違いや背格好、髪型の違い服の好み等を伝えることで、相手(お兄ちゃん達)を区別して認知させている。

スポンサーサイト

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧