02
2
4
6
10
12
14
16
17
19
20
22
23
25
26
28
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

後始末 ⑫

 謁見の間へとその身を運んだ『王』は既に通されている一団を目にし、微かに怪訝な表情をその目に浮かべかけるが直ぐに消し、穏やかだが油断のない表情を見せる。
 一団を引き連れている砂色の髪の男に見覚えのあった『王』は、挨拶の声に耳を傾けつつ素早く二十ウン年前の記憶にたどり着く。老齢を理由に退位した先代王の跡を継ぎ即位した当時。即位を祝う列席者の中に… ―― 。
 「ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。」
 簡単な挨拶を口にし屈託なく笑い掛けるその男は、二十ウン年の歳月の流れを無視するかのように当時と寸毫も変わらぬ姿でそこに立っている。

 「ねぇ、キーちゃん。あの人さぁ…アホタレさんだよねー?」
 イツキが必要書類に一通りサインを入れた後、カフェスタンドを出て向かった『三日月沼』の内側の、弧を描いている辺りを散策しながらオミが声を掛ける。
 「んー?あぁー…さっきのかぁ?」
 オミが誰を指して言っているのか、該当しそうな人物をリストアップしつつ応える。
 「あの人なぁ…超能力者に対してヘッチャラなのは良いんだけど、ちょぉぉぉぉっとズレてるよな。なんつぅか…こぅ…無駄な方に。」
 「ねー。キーちゃんかオミと接点ある人捕まえて『テレパシーで居場所確認して』で済むのにねぇ。」
 オミの後ろを歩くイツキには、オミが自身の足元の少し前を歩くタイガーに注意を払いながら、イツキと同じ見解に至ったと嬉しげにしているらしい様子を声音と後姿から感じ取れたので、面映ゆさとオミの無邪気さに思わず口元に笑みを浮かべてしまう。
 「だな。なんなら勇気を出して『ママ』に頼んじゃうとか、な。最初に『ママ』のところに行ったみたいだし。」
 イツキが、頬が緩んでいるのを悟られない様に気を付けつつ応えると
 「えーっ、『ママ』にぃー?それって勇気どころじゃぁ済まないでしょ?」
 オミが意外そうに返す。
 「んー…でも、あの人だったら、チョットの勇気でって言うか…勢いとか思い付きでヤっちゃう気がする。」
 何せズレてるから とは流石に言わずにおく。

スポンサーサイト

後始末 ⑪

 「イツキ。ちょっとこの書類にサイン下さい。」
 中央区画の外れ(と言うか居住区の中央区画寄り)にあるカフェスタンドでまったりと過ごしているイツキとオミ(とタイガー)の元へ、年若い女性が書類の束を差出しながら声を掛けてくる。
 「探したんですよー。『ママ』の所へ行ったら帰ったみたいだって言われるし、ご自宅を『遠見』に探って貰ったら居ないようだって。『エンパス』に探して貰ってやっと…。」
 「お茶して散歩して帰ろうかー?ってね。北にある『三日月沼』最近行ってないなーって。で、これ何の書類?」
 グチグチと零す女性に愛想良く対し、問い掛けることで相手の口を封じるイツキ。
 「あの子のです。先日保護してらした少年とそのご家族の。」
 「うん…だから、どういった性格の書類かな?って。」
 要領を得ない答えにダメ押しをしつつ自分で読んだ方が早いと、手元の書類に目を通す。
 「『雑費』ノです。」
 「フーン。君、あの子の担当になったの?」
 書類に目を通しながら、なんとなしに尋ねる。
 「イエ違イマス。私では言葉が通じないですし…。」
 問われた女性は本人に何か思うところがあったようで、その点を不意に突かれたらしく返事が一部ぎこちなくなる。
 「言葉ねぇ…中々ねぇ。」
 適当に相槌を打ち
 「んー…。コレ、あれね。父親の評価、最低なのが下ったんだね。気付かれたらヘソ曲げてブンむくれられンぞ。」
 苦笑いを漏らすが、交渉する気は一切無いと口調と態度で表す。
 「はぁ…ですが、我々としては…メインはあの少年なワケですし。」
 イツキの態度からは何も読み取らずに分かり切ったことを口にする女性へ、イツキは同意を示す様に何度も頷いて見せる。
 「あの子は素直で聞き分けが良いんだね。母親も、素直な様で…父親が問題か。困っちゃうねぇ。」
 「えぇ…。」
 父親の件に対し言葉を濁しつつ
 「でも、あの子は良い子な様らしいですね。明るくて、ホームシックにもかかっていないみたいです。」
 少年の事に関してはハキハキと答える。
 「…ホームシックかぁ。」
 書類にサインを入れながら途切れ途切れに応じるイツキ。
 「メモ付けておこうか。ホームシックの件、目を光らせておくようにって。気付かず見逃したら、先々大変なことになるだろうからな。」


後始末 ⑩

 荒地の直中にある、枯れかけた水場を生命線とする国では、主権者である『王』とその王に盲目的に従う者達と、『王の権力』と『職務権限』とをフル活用し甘い汁を吸う者達、兎にも角にも『職務に忠実』な者達が、水面下で牽制し、反目し合いながら国家運営を担っている。
 小さな都市が寄り合い、一つの『国』となったので『王』としての権力は若干弱い為に、代々の『王』はその権力を強化すべく様々な(自身に都合の良い)政策をとっていた。が、ここへ来て国家間に跨る明らかな犯罪行為が露見した。例えばソレが国内で完結する事であれば、単なる『内政』の問題で済むが、輸出入となると『他国』 が絡むが故に国際紛争の火種ともなる。国の主権者である『王』が「知りませんでした」では済まない。
 何故なら『輸出入』は相手国があり、相手国とのやり取りは『外交』であり、物品・貨幣の移動は『経済』である。
 それぞれに『王の補佐・代理としての責任者』が居り、彼等をその仕事に任命したのは『王』であり、必要があれば都度下問し、調査させ、或いは上申させ、耳を傾け、判断し、『下命』として指示を下すのが『王』の役目であれば、(建前上は)知らないワケが無い。
 日々の細々とした取引で有れば、輸出入であってもルーチン化しているであろうし当の昔に取り決めが定められているが、人の輸出入等という『人身売買』が、ルーチンで処理されるとは言いたくても言えないであろう。ましてや自国の法律の及ばない『相手国』に対し、いくら『需要があるから供給される』という経済の原則を盾にしたところで「当国の国民をなぜ買い取った」と責任転嫁し、文句をつけるわけにもいかない。何しろ、自国民が大喜びで輸出に携わっていたと判明しているし、大体相手国側は、既に『痛い目』にあっている。
 この日、王位に就いて二十ウン年の五代目国王は、内政を担わせている責任者から一連の報告を受けながら、ただでさえ皺の多い顔に尚一層濃く深い皺を新たに刻み込む。


後始末 ⑨

 同心円状に広がる『総本部』の中央区画。円筒形の背の高い塔を囲むように建っている五つの塔の区画を、広い道路を挟んで取り囲むように帯状に広がっている居住区の中央帯。
 総本部を成り立たせている、様々な部署で働く者達や彼らの家族が居住するエリアの一角にある保護施設内で、オミとイツキに保護された『別件』の少年が肌着一枚でとある台に乗り眉間に皺を寄せている。
 「なんでだろう?毎日お腹いっぱいゴハン食べているのに…指してるところに違いが無いみたい。」
 持たされた紙と足元の台で針が指し示す数字に、前日との違いを見出せず首をかしげる。
 まともに物事を教わっていない彼は未だ文字も数字も満足に読み取れないが、持たされた紙の上部に記載されている数字と、その下で横型の表状に書かれた数字の意味と見方を教わって、日に一度足元にある体重計に乗り自身の体重の増え具合を確認している。
 日々、三度の食事をきちんと摂っていれば、横型表の左から右方向へと体重計の針の指し示すモノが変わっていく。その様に教わり、出された食事は残さず食べているにも拘わらず…。
 「ずーっと同じところを指すのはなんで?」
 骨の浮き出たガリガリの身体をした少年は、教わった事と目の前に示された現象との不一致に頭を悩ませる。


後始末 ⑧

 王都と言えば聞こえの良い、国民の生命線ともいうべき『水場』を擁した町。
 先日超能力者とかいう輩が、干上がりかけていた『水場』へ新たな水源から水を引き入れたとかで水位が徐々に上昇し、子供ばかりか大人までもが水際ではしゃいでいる。
 数少ない漁業を生業としている者達にとっては、甚だ迷惑この上ない行為ではあるが、水位が上昇したことで先々の商売に期待が持てるようになったからか、当人たちも僅かではあるが彼等同様に興奮気味となっている自覚がある為、少々の逸脱には余裕を見せ大事にならない様に気を付けて対応している。
 朝靄の中、少々離れた地域から『水場』付近の井戸へと『貰い水』をしに訪う人々。下流域に住んでいるのなら、恩恵には未だ与れずに居るのだろう、余りに長期間の『貰い水』では困るが、今暫くならと快く井戸を使わせる人達。水を持っての移動はシンドイだろうと、湯冷ましを差出し労をねぎらう人もいる。
 だが…。
 その地には未だ緑色が加わらずにいる。一か所を除いて。

 豊富に水が溢れ出し、水路が網の目の様に張り巡らされた『総本部』。その中央区画内の更に中央部。
 中央にある円筒形の背の高い塔を囲むように、五つの塔がそれぞれ通路で繋がりつつ建っている。上方では、中央の背の高い塔から溢れ出した水が水路を通りながら周りを囲っている塔へ、そこから更に外の建物へと流れ、又自身の外壁を伝いながら流れ落ちている。
 周りを囲っている五つの塔の一つ、総本部の『中枢』とも『枢軸』とも『巣窟』とも表される『創始者』棟。その内部の一室では…。
 「ママ?あの国から支払いきた?」
 のんべんだらりとしたイツキが尋ねる。
 「そういった事は経理に聞いてね。」
 冷ややかに、だが表情は楽し気に答えるママ・レティシア。
 「入金がまだなんだよねー…。」
 イツキがボソっと呟く。
 「だーかーらー…。」
 「って言うか、払えるの?あそこ。」
 ママ・レティシアの苦笑交じりの返事に重ねる様に、タイガーと遊んでいたオミが聞く。

後始末 ⑦

 地平線までの間、目に映るのは風に砂を巻き上げられている荒れた大地のみ。
 遠く微かに盛り上がっているのは丘陵か、或いは彼方の山脈の頂上付近が見えているのか。
 遮るもの無く照り付ける日差しの下、人相・風体の悪い男達がポツンと取り残されたように一か所に集まっている。
 あの日あの時、国の外れの打ち捨てられたような集落で、彼等は身柄を拘束されその後、この場所へと強制的に連れて来られ…そのまま今に至っている。
 何日経ったか。
 水や食料は日に一度一日分が届けられるが、それ以外の接触は全くなく放置されている。監視の目も、少なくとも目に見える場所には無く、逃げようと思えばいつでも逃走可能な状況ではあるが、逃げたところで渇いて行き倒れになるのは目に見えている、到底無事逃げ遂せるものではないと半ば諦め、その場を動こうなどとは欠片も思わずにいる。尤も居続けたところで、食料などの配達が止められてしまったら、やはり渇いて命を落とす事になるのは同じだが。
 彼らは気付いていないが、見渡す限り荒地の直中、一か所にポツンと彼等と同様に『同業者』が捨て置かれている。そして、別の荒地にも…又、離れた別の荒地にも。互いに互いは見えない、見えても合流を断念してしまう、それ程の距離を置いて。
 尋問もなく、事実確認もなく、名前や年齢の確認すら無く、そして弁明の機会も無く。
 只々『放置』。

 水の豊富な『総本部』中央区画では ―― 。
 連日案内されてくる人々の、健康状態確認、身体検査、血液検査、食事指導、予防接種、各種肉体的・精神的治療、生活指導、そして住居・各種生活用品確保に追い捲られている。
 奴隷として売られるために集められた人々。業者に売られていた人々。顧客に売られ労働力として重労働に明け暮れていた人々。他にも、加虐性を充足させる為や性愛を充足させる為、或いは各種実験の被験体等々…本人の意思などお構いなしに、買い入れた『商品』として好き勝手に弄ばれ虐げられ扱われていた人々が保護・収容され ―― 状況を説明されるも、不安な面持ちで検査や治療を待っている。
 彼等、特に人数の多い『顧客へ売り渡されていた人々』の間に、混乱が起こらずに済んでいるのは、悲しいかな『黙って従う』事が身を守る精一杯の対処法であったからか ―― 。

 一方、買い入れた各『顧客』は…。
 突然目の前から『従業員』が消え、『恋人』が消え、『玩具』が消え、『愛しい人』が消え、『実験体』が消え… ―― 。
 苦情を申し入れようにも、被害を公的機関へ訴えようにも、そもそもが非合法な取り引きである為に訴えようにも訴えられず、文句を言おうにも『業者』は捕まえられず… ―― 。
 一部は泣き寝入りを選び、一部は全てを捨て逃げ出し、別の一部では、正気を失っているのか、問い質されれば自身が罪に問われるだろうに、地域を統括している『本部』に対し、超能力者に詐欺を働かれたと騒ぎ立て、暴れまわり、拘束され、とある一部では、失った財産と突き付けられた巨額の負債を前にし、正気を保てず狂気に逃げる。


後始末 ⑥

 荒れた大地と同じような色合いの髪をした男が、高台にある開けた場所に一人立っている。強めの風に煽られ調えた髪型が乱れているが、直したくても思うように動けずにいるらしく、もどかし気にしているのがその表情から感じられる。
「お待ちどうさま。ほったらかしにしてごめんなさいね。」
 男が、一瞬強まった風に顔を顰めると同時に傍らから柔らかな、しかし皮肉の籠った声が聞こえる。聞き覚えのある声と、その声から漂う冷やかな様子の不一致感に、男は虚を突かれた表情を見せる。同時に、僅かに動かせるようになった口から挨拶を返す。
「いえ、気付きませんで…。」
 精一杯の虚勢。
 相手の侮蔑感に満ちた瞳を目にし、冷ややかな声に接する事で都合よく忘れていたアレコレが思い出されるが、自身に対しソレを認めるわけにいかない男は、表情を消しつつ自らに言い聞かせる。
 ―― 自分にはチカラがある。乗り切れる ――
「無理よ。私の方が上だもの。」
 男の表情を読んだか、思考を読んだか、あっさりと切って捨てる。
「ソレも忘れたの?それとも都合良く、私のチカラが衰えたと思った?残念ね、最近なんか強まったみたいなの。貴方の様な悪ガキが一向に減らないからかしらね。なぁんでこう一定数出ちゃうのかしら?」
 不思議ね、とスミレ色の瞳を持つ女性は愛らしく肩をすくめその後雰囲気を一変させ続ける。
「で、動けるかしら?あなたが自由に動けるなら貴方の方がチカラが上だって事になるけど。」


後始末 ⑤

 水が豊富に流れている総本部へと、オミやイツキに乾いた国から連れられて来た『例の』3人家族は、健康状態の確認のため通訳と共に病院へと案内される。
 理由も目的も母国語で説明されたとはいえ、使われている単語に馴染みがないためにどうしても不安を隠せずにいる。普段、偉そうにふんぞり返っている父親からして不安を露わにするものだから、母親や息子など言わずもがなな様子である。
「ケンコウシンダン?ってなに?おかあさん。」
息子が不安気に尋ねるが、聞かれた母親も聞き覚えの無い単語なので返事に困る。怯えさせたくはないが、かと言ってなんと答えれば良いやら…困惑が隠しようもなく表情へと現れる。
「体の中に病気や病気の素は隠れていないかな?元気の素は整っているかな?って調べる事です。痛いのも…あるけど、男の子ならガマン出来るんじゃないかな。」
少年の問いを耳にし、答えられずにいる母親を見兼ねた通訳が、血液検査がある事を考慮しつつ説明する。
「イタイのいっぱい?」
「ぅー…ん…。どうかな?取り敢えず、最初に一回はするんだけど…。」
泣きそうになりながら尋ねる少年に、ウソを口にする訳にいかない通訳が過去の経験を思い出しながら答える。
「最初に、って言うことは?」
今度は母親が意を決したような表情で尋ねてくる。
「調べた後に決まります。」
検査結果次第と答えても通じないだろうと察して、言葉を選ぶ通訳。
『検査』も『結果』も『次第』も、彼らは多分、その言葉自体を知らないだろうから。
『調べる』すらも知っているか、分かっているか、多分に怪しい環境に身を置いていただろうと重々察せられるが、他に言い様がない為の、通訳の必死の選択である。

あぅあぅあー… ヽ(゚∀゚ )ノ アヒャヒャヒャ

義務に追い捲られ
義理が果たせない―っ!

中々訪問出来なくて
済みません <(_ _)>


体力落ちたな自分… (ノω・、`)

後始末 ④

 保護された家族三人は、派遣された通訳の指示に従い荷物を預け、中央区画の外れに建つ病院へと収容される。
 多人種混成で成り立っている総本部では、種々雑多な感染症の原因となるウイルスや菌が、健康で、且つ予防接種済みであれば問題無いレベルとは言え存在しているのは確かなので、他の、特に隔離されたような地域出身者であるこの三人は、抗体も免疫もなかったら無防備な状態でそれらウイルスなどに接する事になり、場合によっては生命が脅かされる危険性があるので、本来であれば当国の病院などで各種チェックを受けてからの入国(総本部などは厳密に言えば『国』ではないが)となるのだが、彼の国の病院施設等の管理運営システムが心もとないレベルである為、総本部内の施設にて一時隔離し、健康状態と各種免疫・抗体などのチェックを受け、必要であれば予防接種等を施し罹患する危険性を減らしたのち、三人それぞれの必要に応じて組まれたカリキュラムをこなす生活をする事になる。
 なので、この三人を派遣された通訳へと引き渡したイツキ・オミ両名は、依頼された仕事の完了報告を行った時点でこの件は終了したも同然であるが、何故か後見役として任命されてしまう。
 「ママ?なんで俺達が後見役になってんの?」
 イツキがすごみながら尋ねると
 「乗り掛かった舟?」
 スミレ色の瞳をした女性は柳に風と受け流す。
 「何処がどう乗り掛かってんの?」
 凄んでも無駄と理解したイツキが、普段と同じ態度で尚食い下がるが
 「保護してきたし?」
 あっさりと流される。
 「保護してきたって…そりゃ…別件とは言え『仕事』だし?」
 「貴方たち、子供慣れしてるでしょう?」
 面倒臭そうに言い放たれる。
 「子供慣れって…っ!」
 余りの言い様にオミが口を挟みかけると
 「ホラ、日本の。仲良くしているみたいじゃない。」
 被せる様に返される。
 「え…っ?いや…えー…?」
 イツキとオミが反論しようとするが、言うより早く
 「大丈夫よぉ。子供は子供。皆一緒。同じようなモンよぉ。あの三人なんて可愛いもんよ。ダイジョブだいじょぶ。貴方達なら大丈夫、ちゃぁ~んとやれる。安心なさいな。」
 根拠なく言い切られる。

 (今、どさくさ紛れにトンデモナイ事言わなかったか?)


スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧