FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後始末 ⑨

 同心円状に広がる『総本部』の中央区画。円筒形の背の高い塔を囲むように建っている五つの塔の区画を、広い道路を挟んで取り囲むように帯状に広がっている居住区の中央帯。
 総本部を成り立たせている、様々な部署で働く者達や彼らの家族が居住するエリアの一角にある保護施設内で、オミとイツキに保護された『別件』の少年が肌着一枚でとある台に乗り眉間に皺を寄せている。
 「なんでだろう?毎日お腹いっぱいゴハン食べているのに…指してるところに違いが無いみたい。」
 持たされた紙と足元の台で針が指し示す数字に、前日との違いを見出せず首をかしげる。
 まともに物事を教わっていない彼は未だ文字も数字も満足に読み取れないが、持たされた紙の上部に記載されている数字と、その下で横型の表状に書かれた数字の意味と見方を教わって、日に一度足元にある体重計に乗り自身の体重の増え具合を確認している。
 日々、三度の食事をきちんと摂っていれば、横型表の左から右方向へと体重計の針の指し示すモノが変わっていく。その様に教わり、出された食事は残さず食べているにも拘わらず…。
 「ずーっと同じところを指すのはなんで?」
 骨の浮き出たガリガリの身体をした少年は、教わった事と目の前に示された現象との不一致に頭を悩ませる。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。