07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て? ⑩

 ひと段落が付いたところでイツキに勧められ、オミとルーヴは籠と収穫鋏を持ち散歩へ出る。
 家の周りをグルッと一回りした後は、少々高い場所に作ったイチゴ畑へと足を向け…。
 「イチゴの最盛期はもうすぐなんだけど…オミは農家サンじゃないから、採れたてを食べられたら良いよねーってカンジで始めたんで、適当なんだよねぇ。実はちゃんと付いてるから、熟してたら持って帰ろうね。」
 オミが話しかけると、ルーヴは不思議そうな顔をして尋ねる。
 「農家サンじゃないのに、果物とか育てるんですか?」
 「野菜も育ててるよー。…でも、育ててるって言うか…育ってるって言うか…勝手に育ったと言うか…なんだけどね。」
 オミの答えに首をかしげるルーヴ。
 (勝手に育つモノだっけ?)
 オミは少年の不思議そうな表情を目にし、慌てて言い繕う。
 「あ…と、えーと…オミね、って言うかオミの血筋はね、植物育てるのに向いててね、時々、見て回ってちょこっと手入れしてってしていると、スクスク育ってもらえるの。」
 ほへーと、分かっているのかいないのか感心した表情でオミを見上げるルーヴ。そのルーヴの表情を見て、一般的な説明もしなければ間違って理解してしまうかもしれない、とオミはやや真面目な表情を見せ
 「えー…と、植物自体もね、自分が育つのに適した場所じゃ無かったら、普通は育たないからね。寒い所が好きな植物を、暖かい所で育てようとしたって育たないからね。オミがやっても、一旦は育っても、一日や二日で枯れたりもするからね。」
 当たり前過ぎるぐらい当たり前の事を、ゆっくりと、少年の表情の変化を追いながら話して聞かせる。少年はと言うと、オミの話しを聞きながら、説明されている状況を思い描き
 「寒い所が好きなノは、暖かい所を『暑い』って感じちゃうの?『茹っちゃうー』ってクターってなっちゃう?」
 ジェスチャーを交えつつ、たどたどしい話し方で尋ねる。
 「そうそう。逆に、暖かい所が好きな植物を寒い所に植えても…やっぱり枯れちゃう。」
 「『寒いっ、凍っちゃう』?」
 「うん。そう。」
 少年のジェスチャー付きの問いに、『そのとおり、合ってるよ』と笑顔で肯定する。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。