FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て? ⑬

 イチゴ畑の最下段まで下りた二人と一匹は、端から順に実の様子を見ていく。尤も、少年はイチゴ自体目にするのは初めてなので、オミがざっと目を通して、赤く色付き収穫に適したものを見つけ出したら少年に教え、少年が収穫する形で作業を勧めている。
 オミに教えられながら幾つか収穫していると、じきに少年が不思議そうな表情をし、手に取ったイチゴをマジマジッと見つめるようになる。
 「どうしたの?」
 オミが何かあったかと声を掛けると
 「この…点々?粒々?なニでスか?ミんなに付いてるでス。」
 ルーヴが、手に持っていたイチゴを掲げ不思議そうに尋ねる。
 「種だよ。イチゴの種。それを上手に育てるとコレになるの。」
 微笑みながら答えるオミ。が、実はオミの脳内では、『委縮させるな』『緊張させるな』『気を使わせるな』と警告が渦を巻いている。そしてソレを『勘づかれるな』とも…。
 「…タネ。コレを育テる…。」
 少年は呆けた様にイチゴ畑を見回し、徐々に頬が紅潮しはじめる。
 「オミは…単に育てるだけなら得意だし?」
 微笑みかけながら、気を落ち着かせるように声を掛けると、ルーヴは視線を自分の手元と、笑顔を向けるオミの間で幾度も往復させる。暫く手元のイチゴを見つめ、次にゆっくりとオミの顔を見上げ、笑顔を返しながら力強く頷いて見せる。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。