FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て? ⑮

 休憩を済ませ(イチゴのつまみ食いは各人それぞれ3個ずつで我慢した)、再び作業に戻り採れる分だけ採った帰り道。籠を手に、遊び疲れたタイガーを肩に乗せたオミが、さり気ない風を(必死に)装ってルーヴへと尋ねる。
 「ルーヴ…もしかして、帰れるようになったらイチゴを故郷で育てようって考えてる?」
 畑に着いて間もない時に、力強く頷いた様子と作業へ集中する様を目にしてから、オミがずっと気にかけていた事である。問われた少年は少々困った様子を見せ、上目使いでオミの顔色をうかがう。
 「怒っている訳じゃないし、怒る気も無いんだけど。一応…確認?しておこうと思って。」
 「食べ物…沢山、アる方が…イイなっテ、思っテ。」
 一言一言途切れがちに応えるルーヴ。
 少年が、ちょっとした事でヒスを起こし、大声で怒鳴ったり殴りつける父親の下で育ったことを知っているオミは、少年が勇気を振り絞って答えていると承知し、怖がらせない様気を付けて話しかける。
 「あのね、ルーヴ。果物は…って言うか、実をつける物は育てるの難しいってよく聞くよ。」
 オミの話しを聞き、ショックを受けた様に悲しげな表情でオミを見上げるルーヴ。
 「ルーヴがどうしても、なにがなんでもイチゴじゃなきゃヤだって言うんなら、オミは別に止めないけど。でも…ル―ヴが自力で育てられなかったら意味ないワケだから、オミの力は当てにしちゃだめなんだよ…。」
 しゅ~んと項垂れるル―ヴ。オミの力を当てにしていて断られたからか、否定的な意見を言われたからかは不明だが、明らかにしょげている。
 「もっと簡単なノを育ててみたら?種なら色々あるし、場所も幾らでもある。花とか育てて練習してみたらどうだろう?」
 オミの妥当な提案に、やはり顔色を窺う様な視線を向けるルーヴ。
 (やってみてもいいの?)
 「これからの時期だと…夏の花がお勧めだね。向日葵なんてどうだろう?比較的育て易いし、夏を代表する花だよ。」
 オミがダメ押しの様に勧めると、完全否定されていたワケでは無いと理解したルーヴが、嬉しそうな顔を見せる。
 「なんなら…山ほど育てて『向日葵畑』にしても良いし。」
 オミの提案に、ルーヴは尚一層表情を輝かせ、嬉しそうに楽しそうに何度も頷いて賛意を表す。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。