04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしくネ 3

 オミが『その方どなた?』と確認を取ると、近所に住んでいたお年寄りで、頼りとなる身内も居らず一人で生活し、足を少々悪くしていて、小さい時から可愛がって貰っていたとたどたどしく答える。
 「歩クの大変デね、食べるノ見つケルの大変。」
 だから心配で、種を分けてあげたい、種は食べられるし植えれば増えるから、お爺ちゃん『大変』が減るでしょ、(要約)と続ける。
 はぁ…はぁ…成程、とオミは耳を傾けてはいるが、同時にイツキへテレパシーで伝える。
 Ξ …って事らしいんだけど。どなただか分かるぅ? Ξ
 Ξ 無理っ。イメージは? Ξ
 Ξ 覗くの?ルーヴを? Ξ
 オミが少々抵抗を感じると伝えると
 Ξ 『誰か』なんて、見なきゃ分からないし…。写真なんて無いだろうし。今なら鮮明に浮かんでいるんじゃないか? Ξ
 イツキに強く言われ渋々従うオミ。見えた映像をそのままイツキへと伝える。
 Ξ あぁ、この人なら知ってる。近在の人達と一緒に高台へ移動してるぞ。生活も、近所の人が交代で…少しだけども援助してるから、安心するように伝えとけ Ξ
 イツキからの、割合最近の様子と思われる映像を、今度はルーヴへと送るオミ。
 「チョットだけ目を瞑って…。見えた?結構最近の様子らしいよ。」
 オミの説明を聞きながら、脳へと直接送られてくる映像に、驚きの表情を見せるルーヴ。
 一通り見せた後
 「どぅ?少しは安心できた?」
 笑い掛けながら問うオミに、はにかんだ笑顔をみせるルーヴ。そのルーヴの頭を優しくなでながら
 「ただ…『種をあげる』は、ねぇ…。昔は結構頻繁に上げたり貰ったりしてたんだけど、今は色々問題もあってね。総本部の偉い人に聞いてみないと…。」
 困ったように眉を寄せて、コチラの一存では決められないと伝える。ただ、同時にやり様は有るとも伝えるのを忘れない。
 「アチラの国…ルーヴの故郷で、ルーヴがお金を払って買うんなら…総本部は何も言わないし言えないよ。で、ルーヴが自分の家で育てて、ソレを誰かに譲るってなったら、それこそ誰にも何も言わせずに済む。」
 そこまで言いながらも、気にかかる問題点をも合わせて伝える。
 「問題は…それを知ったら、知った人全員が欲しがるだろうって事で。泥棒しようって人が居るかもしれない、例えそれがお爺ちゃん相手でも。それに…言ったら悪いけど、あそこの王様ケチっぽいから…勝手に食べ物を増やしていたら、カンカンに怒るだろうねぇ…。」
 困ったもんだ。溜息をもらすオミ。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。