04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしくネ 7

 「最初の数回は…まぁ、それなりに大人しく遊ぶだろうサ。あの子の居た国では水が少なかったんだから…遠慮がちに戯れるだろう。でも…な、そんなの…慣れちゃって楽しいと感じちゃったら、もう無理だぞ?はしゃぐぞ?遊び盛りの子供なんだから。」
 イツキの話しに耳を傾けながら、指し示された様子を簡単に思い描けたオミは、あぁハイハイとばかりに頷いて同意を示すが、イツキが何を言い淀んでいるのは、丸っきり考えが及ばない。
 「服…濡らしちゃったらマズイかな?洗濯もの増えちゃうから。」
 オミの確認を取るような問いに、軽い溜め息で答えるイツキ。
 「洗濯は…まぁ良いとして。着衣で水に入っちゃったら危険だろう。溺れるぞ?で、その危険をあの子は全く分かってないぞ。」
 だから『やらかす』ぞ。とイツキは続けるが、オミにはイツキの言いたいことがサッパリ伝わらず
 「オミが絶えず様子を伺っていればいい訳でしょ?」
 イライラし始めた様で、それを隠さずに口調に表す。
 「着衣のままで水遊びをさせてしまっていいのだろうか?ソレって『当たり前の事』か?」
 大真面目にイツキが問いかける。
 「どーしろと?」
 オミも大真面目に問う。
 「水着…無くてもいいのかなって思って。」
 「み…水着って、アノ…はしたないアレ?」
 オミがイヤそうに口にすると
 「そう、ソレ。」
 「誰が買いに行くのっ!どこに売ってるのっ?オミやだよっ!!」
 一気にまくし立てるオミに対し、困ったような表情で更に続けるイツキ。
 「ついでに言うと…『公園』とか、行かせてないけど…マズイかなぁ?って。」
 「公園…。」
 滑り台、鉄棒、ブランコ、ジャングルジム、雲梯、吊り橋、砂場、シーソー、ターザンロープ、丸太橋…etc.イツキが、頭に思い浮かぶ固定遊具を次々に挙げていく。
 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。