07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最上部にて…

コメントは公開設定となっています。 公開に抵抗のある方・長文となる方はメールをご利用ください。 又、コメント・メール共に必ずお返事できるとは限りません。 予めご了承ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしくネ 21

 ルーヴとカズキがせっせと折り紙に励み、ミヅキがその傍らで様子を見つつ時折ルーヴに細かく説明し、ヒロやリョウ達4人が受験勉強に取り掛かり、キョウコがその勉強に付き合って所々説明しているその脇で、シンとマサトがイツキと話している。
 「そういえば…オミさん、どうしたんです?」
 「タイガーと一緒に留守番ですか?」
 シンとマサトが交互に尋ねると、イツキは頷いて肯定しながら
 「うん。こう言う所にペットを連れて入るのはタブーだろ?大体、タイガーは猫のクセに『借りてきた猫』にはならないから…。」
 あー…。ずーっと居着いてるネコになりますねー。口では言わないが、表情でそう答える二人。
 「シンの頭の上でずーっと大人しくしているとは限らないしな。」
 思い出したようにマサトが茶化す。シンはマサトへは邪険な口調で応えつつ
 「で、ルーヴの水着やら…水遊びやら、泳ぎやら気に掛かりはするんですが…。」
 イツキへと口調を変えて話しかけ、一旦言葉を途切れさせるが、すぐに続けて
 「モト君の件なんですが…。本当に泊まりに行くことを勧めますか?」
 『本当に』に力を込めて尋ねる。マサトも後を受ける様に
 「なんか…図々しいんじゃないかって思うんですけどね。去年、イツキさんやオミさん家にお邪魔しといてナンですが…。」
 と、続ける。イツキは二人の様子から…と言うか、全員の分担の様子から、予めある程度は予想していたようで、苦笑しながら答える。
 「彼の家は…面積もすごいけど、建物もすごいからねぇ、是非一度経験してみると良いよ。ある意味、人生観変わるよ。」
 少々無責任さを漂わせた口調で話すが、すぐに改めて
 「ま、図々しい云々は脇へ置いて。彼にとってもメリットがあるんじゃないかな?前にも言ったけど、卒業して上の学校に進学した子が居る、在校生がいる、同じ学校への進学を希望している同年齢の子が居る、予想通りなら後輩になるであろう子が居る。本人達に会わせてしまえば、自分の希望している学校の校風を両親に伝え易いって考えている、とか。」
 考えられる可能性の中で最も妥当性が高いと思える点を伝える。
 「それに…一応、建前上は『受験勉強合宿』だし?卒業生と在校生が居たら心強いだろうねぇ。目標を同じくする子が居れば、励みや刺激になるだろうし。後輩になるであろう子は気分転換にピッタリでは?」
 イツキの言葉をジックリと考えながら聞き、取り敢えず『その点は』一旦納得したような態度をし、再び…今度は別角度の疑問を提示する。
 「モト君の家って女性が跡を継ぐんですよね?以前、モト君に聞いた話しの様子だと…女兄妹が居る様な、居たような…そんな様子に感じたんですけど。モト君が…途中?で後継者になったみたいな、そんな話しだった気がしまして…。」
 プライベートな内容だからか、シンは煮え切らない話し振りでイツキへ問い掛けるような視線を送り
 「婿に行く予定だったのが、跡を継がないとならなくって…って、確か言ってた気がするんですが。」
 マサトが加勢をするように言い添える。
 「あぁ、ソレね。で、ソレのナニが引っかかってるの?」
 「何がって…そのぅ、えー…っと、比較的最近にご不幸が有ったんじゃないかな?って思っていまして…。」
 言葉を探す様に逡巡しつつ話し出し、『ご不幸が』の部分で声を潜め、探るような訴えるような微妙な視線をイツキへ送る。
 若しくはこれから起こるとか…の一言は、流石に口にするのは憚られると胸の内にしまっている。
 イツキは話の内容と二人の様子から、少年とは言え高校生ともなると色々と察するものなんだと感心し、しかしながら、他の子達も同様に気付いて、この二人は代表で尋ねているだけの可能性もあるか、シン君は交際相手の件もあるし、と思い直す。そして、質問の形を取りつつ端的に表し、二人の反応を窺おうとする。
 「でも、もしそうだったとしても、誘ってきたのはアチラだよね?」




 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

アクセス数

現在の閲覧者数

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カテゴリ別記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサー様

疲れているときにでも

ジャンプするぺそぎん

QRコード

QR

検索フォーム

メールはコチラから

「届け!この想い!!」 (長文)な方はコチラ↓へ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

フリーです

リンク

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。